皮脂が多い部分のクレンジングは要注意

クレンジングをする女性

皮脂の多い部分は酸化しやすいので特に注意が必要です。TゾーンやUゾーンがその代表です。
また、クレンジングで油分を落とした後は、保湿をする必要があります。乾燥はお肌の大敵です。

どうして注意が必要なのか、手入れをする際の注意点を見ていきましょう。

Tゾーン

皮脂の分泌量が多い部分は特に酸化が激しいので注意してメイクを落とす必要があります。
顔の中でも特に皮脂が多いのがTゾーンと呼ばれる部分です。
Tゾーンは、おでこから鼻頭のことを言います。皮脂の分泌量が多く、メイクと汚れが酸化して詰まりや毛穴の広がりなどを引き起こします。
重点的にクレンジングを行いましょう。

Uゾーン

また、両耳からアゴにかけてのラインも皮脂の分泌が多く、Uゾーンと呼ばれています。
汚れを流す際に、一番下になるので汚れが残りやすい部分でもありますので、最後まで入念に流すようにしましょう。

乾燥

肌の手入れで気をつけなければいけないのが、乾燥です。
クレンジングでは顔の油分や皮脂を洗い流すため、お肌が乾燥してしまいます。お肌が乾燥すると毛穴が広がってしまいます。そのため、乾燥は美肌の大敵なのです。
また、お肌の乾燥を感じると、肌はより多くの皮脂を分泌するようになり、オイリーな肌質になってしまいます。
そのようなことにならないためにも、美容液や乳液でお肌の保湿をしましょう。

ノーメイクの日でもクレンジングが活用できる

石鹸

休日はノーメイクで過ごすという人も少なく無いでしょう。そのような日はついつい油断してクレンジングをサボってしまうこともあります。
ノーメイクでも肌についている汚れを落とす必要があります。

汚れはついている

休日などは、メイクをせずに一日を過ごすという方も少なく無いでしょう。
メイクをしていない日は、クレンジングをしないで良いと油断してはいけません。
確かに、クレンジングといえばメイクを落とすイメージが有りますが、メイクをしていなくても、顔には汚れがついています。

油性は落ちない

ノーメイクでも、顔からは皮脂が分泌されて、様々な汚れが肌に付着します。
大気中の汚れや雑菌が肌について肌を酸化させます。
皮脂と混ざり合った汚れは、洗顔だけでは落ちません。洗顔石鹸で落とせるのは水性の汚れだけで、皮脂のような油性の汚れを落としきることは難しいからです。
日々の汚れをしっかり落とすためにも、クレンジングを活用するのが美肌には重要です。

おすすめの記事