専用のクリームでケア

cream
皮膚は乾燥すると水分バランスが崩れ、刺激に対して弱くなります。そのため、衣服や皮膚同士の摩擦で刺激を受けやすくなるのですが、この刺激によって作られるのがメラニンです。日焼け以外の原因でもこのメラニンは生成され、それが元になって皮膚は黒ずんでしまいます。女性であれば肌のお手入れとともに毛のお手入れもするでしょう。しかし毛は元々皮膚を保護する働きを持っているため、カミソリなどで毛の処理を行ない過ぎるとその部位に刺激を与えることになり、黒ずみを作ってしまいます。摩擦や乾燥が起こりやすい部分として、ヒジやヒザをはじめ脇があります。脇は普段洋服で見えない分あまり気にしない方もいるかと思いますが、その分ケアされないことも多く黒ずみやすい部位になります。その脇の黒ずみが気になったときに役立つのが専用のクリームです。この脇の黒ずみ専用クリームには、色素沈着を抑える美白成分が豊富に入っています。成分は医療でも使われている抗炎症成分のトラネキサム酸やクリチルリチン酸二カリウムというものです。これは医薬部外品に指定されているものなので、通常の美白コスメよりも効果を実感しやすいと言えます。その他にも美肌成分としてヒアルロン酸や、肌バランスとキメを整える大豆成分も使われています。各メーカーによってメインになる美容成分が違うので自分に合うものを探すことが大事です。インターネットサイトでは実際の使用者レビューが載っているので、自分と似た肌タイプの人が、どういった脇の黒ずみ専用クリームで効果を実感できたか知ることができます。肌は部位によって厚さやターンオーバーの周期が異なるので、脇の黒ずみにはやはり専用のクリームが一番効果的です。

保湿には化粧水

eye
肌の乾燥はあらゆるトラブルを招くだけでなく、エイジングの原因になるのでこまめに保湿することが大切になります。そこで頼りになるのが保湿成分をたっぷり含んだ化粧水になります。このときに考えたいのが肌質です。肌質はそれぞれ違うため、美肌効果を得るためにはその肌質に合った成分を選ばないといけません。化粧水を効果的に使って保湿を行なう際も重要です。肌質は主に3種類あると言われています。乾燥肌と油肌、そして混合肌です。どの肌でもそのバランスを崩してしまうと肌トラブルが起こってきます。それを防いでくれるのが化粧水による保湿です。乾燥肌は特に刺激を感じやすいと言われているのでこまめに行ないましょう。油肌の場合は水分が失われると、それを補うために皮脂が分泌されます。このとき過剰に分泌された皮脂は毛穴を詰まらせニキビなどの原因になります。ニキビ用のアイテムに殺菌成分以外で、保湿成分を配合しているのはそのような理由があります。そして混合肌は一見したところバランスよく見えますが、水分と皮脂のバランスを摂るのが難しいタイプとも言えます。そのため普段から化粧水をこまめに使って保湿を心がけましょう。保湿成分として使われているものは、ヒアルロン酸やコラーゲン、アルブチンなどです。天然成分として、消炎効果のあるアロエやハト麦も人気です。店頭で探してもいいのですが、有名な比較サイトを利用すると値段と効果を合わせて調べることができるので便利です。

おすすめの記事