処理とケアの仕方

美肌の女性
暑くなると袖の短い服を着る機会が多くなります。袖が短い服を着て腕を上げると脇の部分が人から見えてしまうでしょう。白くて綺麗な脇なら見られても恥ずかしくありませんが、ムダ毛の処理を怠っている場合や黒ずんでいるという場合もあります。ですから、夏は脇の手入れをしっかりしなくてはいけないのです。脇のムダ毛処理をカミソリで綺麗に行なうことができても、黒ずみは簡単に落とすことができません。黒ずみの原因になっているのがそのカミソリでのムダ毛処理なのです。カミソリを使うとムダ毛だけでなく肌の表面も一緒に剃り落としてしまいます。その結果、肌を守ろうとしてメラニン色素が増え黒ずみができてしまうのです。では、どのような方法で処理を行なえば黒ずみがなくなるのでしょうか。エステサロンでの施術や医療脱毛を始めるというのも1つの方法です。しかし、それだと大きな費用がかかってしまうでしょう。もっと手軽に脇の黒ずみ対策をしたいというときはクリームを使って除毛するというのも1つの方法です。クリームでも刺激を受けることがあるので、使ったあとは肌をいたわるためにも化粧水や乳液、保湿クリームを使うようにしましょう。

脇の黒ずみを綺麗にする方法の一つに美白クリームを使うというものがあります。脇専用のクリームもあるので、それを使って黒ずみを少しずつ薄くすることができるでしょう。効果を高めたいという場合は石鹸やピーリングを使用したあとに美白クリームを使うといいでしょう。それらで、肌の新陳代謝を高めて美白を行なえばより早く綺麗な脇が手に入ります。

肌の老化を抑える成分

化粧品
また、化粧水にもこだわりましょう。綺麗な肌でいるために必要なのが化粧水です。そのなかにはビタミンc誘導体を含んだものもたくさんあるでしょう。ビタミンc誘導体はビタミンcを肌に浸透しやすくしたもので、ニキビやシミ、シワなどに効果があります。

化粧水には美容に効果的な成分が含まれていることがよくあります。例えば、ヒアルロン酸やコラーゲンです。これらの成分は肌に弾力やハリを与えてくれる重要な成分なのです。美白でよく含まれている成分の1つにビタミンc誘導体というものがあります。ビタミンcは昔から肌にいいといわれている成分でとても有名です。ビタミンcには抗酸化作用というものがあり、体内の細胞を老化させる活性酸素を除去することができるのです。肌の細胞の老化を抑えることができるため、アンチエイジングで注目されているのです。しかし、ビタミンc普通に化粧品に混ぜても分子が不安定であまり肌に浸透してくれないのです。それを浸透しやすく加工したものがビタミンc誘導体というものなのです。

おすすめの記事