服薬や外用薬で治療

薬を持った女性

女性の薄毛の原因で多いのが、女性ホルモンの分泌量が減ることです。女性ホルモンは髪の毛の寿命を長くする働きがあり、減ってしまうと抜け毛が増え薄毛になります。分泌量が減る原因としては加齢があります。分泌量は30歳を過ぎた頃から徐々に減りはじめ、40歳半ばになると急激に減る為この頃から薄毛に悩む女性が増えます。

出産後に薄毛に悩む人が多いのも、女性ホルモンのバランスが崩れるからです。また加齢や出産ではなくストレスやダイエット、睡眠不足でも女性ホルモンの分泌量は減る為、若くても薄毛になる場合があります。女性の社会進出が増えてきたことから、薄毛に悩む人が増え女性専門の育毛外来の数も多くなってきました。育毛外来では血液検査を行い、女性ホルモンや甲状腺ホルモンが正常に分泌されているか調べます。また問診で生活習慣に薄毛の原因がないかどうか確かめて治療を行います。服薬や育毛剤などの外用薬による治療を行っているところが多く、頭皮環境を整えるためヘッドスパなどを行う場合もあります。女性用の内服薬は世界的に効果と安全性が認められているものがあり、服用を続けると半年~1年でかなり髪の毛の量を増やすことができます。

この他にも育毛メソセラピーやハーグ療法、植毛治療が行われる場合もあります。メソセラピーやハーグ療法はレーザーなどで髪の毛の成長に必要な栄養を与えたり、細胞に働きかけて活性化させる方法で大変効果があります。植毛は後頭部などの毛根を頭頂部やおでこなど薄毛が気になる部分に移植する治療法で半永久的に効果が持続します。

頭皮サイクルとの関係性

男性に多い薄毛問題ですが、女性は全く薄毛にならないということはありません。少なからず加齢が原因で年々薄くなっていくのは仕方ありません。しかし、最近では若年性の女性の薄毛もささやかれるようになりました。若くして薄毛になる理由の一つに、生活習慣の乱れやストレス、そして女性ホルモンの乱れや栄養不足などが挙げられます。

特に若い女性の場合、過度なダイエットの影響で月経サイクルが乱れてしまい、その結果女性ホルモンのバランスを崩してしまいます。それが影響して髪の毛に必要な栄養が阻害されるようになり、抜け毛が増えてだんだんと薄毛になってしまうのです。女性の薄毛問題は深刻化しやすい傾向があるので、髪の毛が薄くなってきたと自分で気づき始めたら適切なケアを毎日行うことが改善への近道です。

男女ともに育毛のために利用したい商品が育毛剤です。ドラッグストアやインターネットを利用すれば誰でも簡単に購入可能です。育毛剤の良いところは取り扱いが簡単だということです。入浴した後の清潔な地肌に育毛剤を染み込ませます。これだけでも十分効果が期待できるのです。睡眠中には成長ホルモンが分泌されますので、育毛剤の効果も高まりやすい時間帯でもあります。また、頭皮に浸透させるようにマッサージを行いながら利用することで頭皮の血行不良も改善して成分の浸透力も高まるのです。本格的にケアを考えていなくても予防策としても育毛剤は需要があります。

未分類】の関連記事
  • 悪い口コミ
    【スリミナージュ】で体重ダウンを狙おう!口コミ評価を調べました
  • Hello world!
  • 育毛剤と髪のイメージ
    育毛剤を使用するメリットとは?薄毛の予防と改善法
  • ブラシについた抜け毛
    薄毛を改善する商品と育毛剤の使用上の注意とは
  • 育毛剤の上手な商品選びとは効果の現れ方
  • カラーリングしている画像
    薄毛の原因と予防についてと育毛のコツ
この記事を読んだ人はこちらの記事も読んでいます。